特許業務法人 河野国際特許商標事務所のホームページへようこそ!

知財に関することならどんなことでも質の高い対応ができるよう、腕を磨いて、あなたとの出会いを待っています。

 

 

最もお客様の利益になるよう、提案し、行動します。

 

その過程でお客様と信頼関係で結ばれることに、 

私たちは仕事の喜びを感じます。


知財に関することならどんなことでも

質の高い対応ができるよう、

 

腕を磨いて、

 

あなたとの出会いを待っています。

WHAT’S NEW

2018年3月1日 

2018年4月の知財セミナー 受付中です!

2018年6月の知財セミナー 予告!

 
 

 

◆「なーむーー」のポーズも商標登録・・・??

「動く商標」「音の商標」が続々登録されていますので、紹介します。

 

平成30年4月16日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

詳細はここをクリック

 

 

◆2018年6月のセミナー予告!

 ビジネスモデル特許の現状。

 最近は登録例が増えています。

 

平成30年6月18日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

 

 

2017年10月13日 

2017年10月の知財セミナー 受付中です!

2017年12月の知財セミナー 予告!

 
 

 

おもしろい「意匠権」を紹介。例えば、電子たばこのアイコスでは、シンプルな「たばこの形」そのものが意匠登録!

 

平成29年10月16日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

詳細はここをクリック

 

 

 

◆2017年12月のセミナー予告!

 どこかで見たことのあるようなマーク!商標登録可能?

 有名なスポーツ用品メーカーのロゴと似ているマーク。「白い恋人」と「面白い恋人」の事件では、商標上これらは「非類似」と判断されました。「PUMA」と「KUMA」はどうでしょうか??一緒に考えましょう

 

平成29年12月18日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

 

 

2017年6月19日 

2017年8月の知財セミナー、受付け開始しました

2017年10月の知財セミナー 予告!

 
 

 

◆「ココライン」の商標権を活かす具体的な方法を考えよう

 セミナー受講生のIさんは、トイレットペーパーの「カッティングライン」を「ココライン」とネーミングすることを目的に、商標権を取得しました。この商標権、どうすれば活かすことができるでしょうか。難しいモンダイです。一緒に考えましょう。

 

平成29年8月21日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

詳細はここをクリック

 

 

 

◆2017年10月のセミナー予告!

 おもしろい「意匠権」を紹介。例えば、電子たばこのアイコスでは、シンプルな「たばこの形」そのものが意匠登録!

平成29年10月16日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

 

 

2017年4月18日 

2017年6月の知財セミナー、受付け開始しました

2017年8月の知財セミナー 予告!

 
 

 

◆商標大量出願問題「PPAP」

 「商標大量出願問題」をセミナーのテーマに選んだのは、2016年12月。その頃、このモンダイは商標を扱う者達の間のみで問題視されており、軽いキモチでテーマに選びました。

 そうしたところ、その後「PPAP」の出願が問題になったことから、多くの日本人が知る、有名なモンダイになってしまいました。

 どこが問題なのか、解決策はあるのか、お聞きください!

 

平成29年6月19日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

詳細はここをクリック

 

 

 

◆2017年8月のセミナー予告!

 「ココライン」の商標権を活かす具体的な方法について、ブレーンストーミングで考えます。

 

平成29年8月21日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

 

 

2017年3月10日 

2017年4月の知財セミナー、受付け開始しました

2017年6月の知財セミナー 予告!

 
 

 

◆「葵の御紋」の商標権は許されるか

 特許庁が。水戸のイベント会社による「葵の御紋」によく似た図形の商標の

登録を認めたところ、水戸徳川家の子孫が理事長を努める公益財団が2016年

11月に異議を申立てました。この事件をきっかけに「家紋」に関する特許庁の

扱いを調べてみました。

 例えば、北条氏の「ミツウロコ」の現状は???

 お楽しみに・・・。

 

平成29年4月17日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

詳細はここをクリック

 

 

 

◆2017年6月のセミナー予告!

 商標大量出題問題

 

平成29年6月19日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

 

 

2016年11月28日 

2017年1月の知財セミナー、受付け開始しました

2017年3月の知財セミナー 予告!

 
 

 

◆実用新案 VS 特許

 無審査で権利が発生する実用新案権。

 権利の対象が特許と重複し、特許であれば審査を経て強力な権利が得られるため、実用新案制度は不要な制度といわれて久しい。しかし、年月が経ってもかなりの件数利用され、以外に利用価値があるもよう。

 二つの制度を、基本立ち返って比較します。

 

平成29年1月16日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

詳細はここをクリック

 

 

 

◆2017年3月のセミナー予告!

 「葵の御紋」に商標権は許されるか?

 

平成29年3月13日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

 

 

2016年9月27日 

2016年11月の知財セミナー、受付け開始しました

2017年1月の知財セミナー 予告!

 
 

 

◆JASRACは何が問題か?

 昭和14年から日本の音楽の著作権を管理しているJASRAC。

 音楽ソフトのデジタル化、ネットワーク化に伴い、非効率性を指摘されている。また、永年、独占禁止法の観点での問題点を指摘されており、転機をむかえている。

 これまでの仕組みと、現在の問題点を解説いたします。

 

平成28年11月28日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

詳細はここをクリック

 

 

 

◆2017年1月のセミナー予告!

 実用新案 VS 特許

 無審査で権利が発生する実用新案登録。不利な権利と指摘されながら、継続している制度です。基本に立ち返って二つの制度を比較します。

 

平成29年1月16日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

 

 

2016年7月15日 

2016年9月の知財セミナー、受付け開始しました  
 

 

◆「おしゅし」と「時すでにお寿司」

 「時すでにお寿司」は、高校生に人気のキャラクターですが、「おしゅし」の作者が自分の作品のマネだ!と仰っています。

 著作権や商標権はどうなっているでしょう?

 

平成28年9月26日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

詳細はここをクリック

 

 

 

2016年5月15日 

2016年7月の知財セミナー、受付け開始しました  
 

 

◆小学生の夏休みの作品「空き缶分別箱」に特許

 小学生の夏休みの作品に特許権!昨年の10月にネット上のニュースで見つけたので、詳細を調べてみました。

 そうしたところ、お父さんが法定代理人になって手続をしていたり、学校の夏休みの作品展に出品したことが、拒絶の理由にならないようにするために、「新規性喪失の例外適用」という特殊な手続きをしたり、なかなか興味深い経緯があったことがわかりました。

 ぜひ、皆さんに紹介致したく、テーマに選びました!

 

平成28年7月25日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

詳細はここをクリック

 

 

 

2016年2月16日 

2016年5月の知財セミナー、受付け開始しました

2016年7月の知財セミナー 予告!

 
 

 

◆ラーメン店「山頭火」フランチャイズと商標権をめぐる裁判の話

 おいしいラーメンを開発してラーメン店を開業。味を気に入って下さるお客様が増えたので、「のれん分け」して店舗を増やし、より多くの方々に食べて頂けるようにする・・・。ごく自然な展開です。

 現代版の「のれん分け」ともいれるフランチャイズ展開。関係者の信頼関係が維持できている間は問題ありませんが、そうはいかないのが人間社会。

 そんなときに威力を発揮するのが、商標権です。

 「山頭火」事件を例に、フランチャイズと商標権の基本的な考え方を紹介します。

 

平成28年5月16日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

詳細はここをクリック

 

 

 
           7月の知財セミナー予告!
            小学校の夏休みの作品「空き缶分別箱」に特許!の事例を紹介します。
         
            平成28年7月25日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所 
            詳細は後日アップいたします。  
 

2016年1月25日 

2016年3月の知財セミナー、受付け開始しました。

 
 

 

◆TRIP TRAPP事件

ノルウェーの「TRIP TRAPP」という幼児用椅子。日本のカトージ社の椅子と

形が似ています。どちらも幼児用で、成長に合わせて高さを変えることができます。「TRIP TRAPP」の企業は、日本に意匠権を持っておらず、著作権に基づいてカトージ社に製造をやめるように求めました。「量産品には直権の適用がない」という永年の原則が覆された、注目の事件を紹介します。

 

平成28年3月28日  (月)18:30~20:00 弊所小田原支所

 

詳細はここをクリック

 

 
 

「無料」の範囲でお応えします。
「よくある質問」の回答をまとめました
受講生のページ パスワードが必要です
提携法律事務所のHPです

〒107-0052

東京都港区赤坂2丁目2-21

永田町法曹ビル306号

特許業務法人 河野国際特許商標事務所

main@a-kohno.com

Tel 03-3583-5043

Fax  03-3584-7587  

[小田原支所]

〒250-0011

神奈川県小田原市栄町1丁目6-12

白バラビル2階

Tel  0465-46-8691

Fax  0465-46-8691